【15】最後の1回、頑張りがだせると引き締まります。(50)

こんにちは、石田です。

40代OLさん、3か月で10キロ以上のダイエット成功です。

ほっそりお腹に、背中スッキリ美人さんに大変身です。

美しいスタイルが手に入りました!

IMG_7110

太らない体作り、痩せやすい体のために、少ない筋肉を、少しでもいいから増やしたい。

男性ホルモンが少ない女性は、とにかく筋肉量を増やす。

どうやったら筋肉量が増えるのでしょうか?

断っておきますが、筋肉でムキムキになったら嫌だという心配は無用ですよ。

10年以上の女性のダイエットをみてきていますが、ムキムキになって困ったという女性をみたことがありません。

女性が筋肉量を増やすことは、とにかく大変だからです。

どうやったら筋肉が増えるのか?

それは、3セット目で力を出し切ったときに筋肉量が増えます。

2セットだけでは、筋肉量が増えないのです3セット以上が必要です。

答えはシンプルです。

2セット目で、もう無理無理と思っても、3セット目頑張ってみましょうね。

ちなみに、男性の筋トレでは、1種目5-8セットやる事も普通なんですよ。

わずか30分、一緒に楽しんでやりきって、体の変化を楽しんでくださいね。

トレーニングを続けている女性から、前回のトレーニングでは筋肉痛が来なかったから寂しいという声を聴くようになります。

運動初心者だった女性が、「筋肉痛が欲しい」っていうのです。

凄い変化ですよねーーー。

筋肉痛が来ない理由として、最後の頑張りがちょっと足りないことが挙げられます。

脳は痛いことを嫌がりますから、無意識に筋肉痛にならないようにストップをかけます。

もうここで無理ーって気持ちが先にきます。

しかし、身体はまだ3-5回とできる状態にあります。

ですから、身体がプルプルと震えだしたら、あと1回、2回と頑張ってみるといいです。

その頑張りの繰り返しの過程が、大きな結果の差としてあらわれます。

IMG_9712

女性は、このちょっと無理する感覚が大変だと、現場ではとても実感しています。

大変だろうなーーって。

でも、だからこそ、私達が一生懸命サポートしますので、あと1回頑張ることを楽しんでくださいね。(^^)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加